カードローンからお金を借りる際の審査基準

カードローンで新たに借り入れの申し込みをする際に必ず行われるのが、各金融機関の借り入れ審査です。細かい基準や目安と言うのは沢山ありますが、何を審査され、どのような基準があるのかは詳しくは明言されていませんが、?

1.総量規制の範囲内か。2.過去3か月以内で審査に落ちていないか。3.過去3か月以内でクレジットカードなどの支払に遅れや滞納がないか。これら3つの内容をカードローンでは最も重要視していると言われています。新規借り入れの申し込み書には職業や勤続年数を記載する欄があり、判断基準にも含まれていますが、カードローンにとってはそこまで重要な箇所ではなく、?むしろ、お金を貸すのがカードローンですから、返済を確実に行える人物かの視点から基準が設けられています。総量規制という聞き慣れない単語ですが、総量規制とは、簡単に言えば「お金を借り過ぎる人を増やさない為の法律」です。

具体的にいえば年収の3分の1までのお金しか貸しませんという法律です。?例えば、今年の年収が300万円だった場合、100万円までしかお金を借りる事が出来ません。もし年収が100万円のアルバイトやパートの場合は、約33万円までしかお金を借りる事が出来ません。??


希望の借入額がこの総量規制の範囲内であれば、大抵の場合、審査にはすんなり通る事が多く、逆に言えば、落ちる人の大半の理由が、総量規制で定められた金額以上のお金を借りようとしているという事になります。過去3か月以内でカードローンの審査に落ちていないかも大切な判断基準となります。カードローンからお金を借りる場合注意が必要なのは、この過去3か月以内の審査結果です。カードローンは、銀行やクレジットカード会社などと情報共有をしています。

落ちたからと言って、他の会社で借り入れを申し込んでも、無条件で審査落ちにしてしまう事が良くあります。?その為、新たにカードローンの審査を申し込む場合は、少なくとも3か月、最低でも1か月以上は間隔を空けてから申し込んだ方が審査は通り易くなります。そして、過去3か月以内でクレジットカードなどの支払に遅れや滞納がないかも重要です。カードローンの審査を受ける時に、意外と忘れがちなのがこの「クレジットカードの支払履歴」です。もし過去3か月の間、クレジットカードやその他カードローンの支払で遅れや滞納があった場合、新たな借り入れは難しくなってくると言えます。判断基準としてクレジットカードは「借金」といて判断します。その為、クレジットカードの支払は借金の返済履歴という形で見られ、毎月の支払に遅れや滞納があると、大きなマイナス評価に繋がります。この様な点に注意し、計画的な借り入れを行う事が大切です。???

ページのトップへ戻る